PROFILE


LEiyA Arata(新 レイヤ)
LEiyAGraphy代表 人物撮影専門フォトグラファー

愛媛県出身 東大阪市在住
猫と帽子とカフェオレと何よりもおっぱいが好き。
毎年おっぱいとプロフィール撮影するのを楽しみにしている。

Undress the lust! 欲望を脱がせます!を理念に写真だけではなく写真撮影を通してその人の運命を代えるキッカケを与えることを目的としている。「撮ったその場でマイナス5キロ!」な撮影とヌードを得意としている。

2017年末までWebサイトなしのクチコミだけで稼働していたが、もっと沢山の人を脱がせたいと思いWebサイトを立ち上げる。
脱ぐ気のなかった人をいつの間にか脱ぎたくさせる能力を持つ。
自分自身の容姿・体形コンプレックスから、写真への苦手意識を忘れさせる独自の撮影スタイルを生み出し、写真が苦手な人や自分に自信のない人からの圧倒的な支持を得ている。

なぜおっぱいが好きなのか。

私の周りが巨乳・美乳揃いだったのでむしろおっぱいコンプレックスでした。
更に大学生の頃付き合ってた彼氏に、私の部屋で巨乳の友達とセックスされてそれが発覚し問い詰めたところ「巨乳だったからやってみたかったんだよ!」と言われて更におっぱいコンプレックスが加速したね!!
それをキッカケに、いかに自分のおっぱいや体型を実物以上に見せるかって自分なりの研究がはじまって、気づけば色んな人のおっぱいや体を実物以上にええ感じに撮るのが得意だなって気づいた!
憧れのおっぱいが周りにいっぱいあるって最高だなって考え方が変わっておっぱい大好きに♡
毎日おっぱいおっぱいって言ってるからおっぱいカメラマンとして覚えてもらってるし、おっぱいって言わない日は多分どこかしらに異常をきたしているんだと思う。

ヌード撮影について。

少数派な人生を歩んできたからなのかヌードやセクシャリティなこと、マイノリティなことにオープンだったからなのか、初対面の人に「実は…」って人に言えない悩みや性癖をカミングアウトしてもらうことがよくあります。
私自身10代と20代の時にヌード撮影してもらったことがあるんだけど本当にあの頃に撮影しておいてよかった。
もうあの頃には戻れない。
ヌード撮影をためらっている人によく「今日が一番若い!」と伝えています。
歳を重ねて撮るヌードも大好きだけど、定期的にヌード撮影することでもっともっと深みが増します。
私がヌード撮影を得意とする理由は、やはりさっきのおっぱいコンプレックスに引き続き、容姿・体型コンプレックスだったことがキッカケです。
激痩せしたり激太りしたりしたから(今は太り方面にいる)どちらの悩みもわかる。
自分に自信がなかったからこそわかる。
撮影は、私にとってコンプレックスのリハビリだった。
そして大切にしているのはヌードを撮ることであなたの運命を変えるようなキッカケの1枚と経験をしてもらうこと。
撮影した人によく「カウンセリングみたいな時間だった」と言われます。
写真が苦手な人に、自分に自信がない人こそ思い切って脱いで欲しい!
ヌード撮影はあなたの心まで、その奥にある「こうなりたい!」って欲望まで脱がせます。

独自の撮影スタイル

もともと私が写真が苦手で笑顔も苦手だったから、笑ってと言わない撮影をしています。
ヒアリングの時にじっくりとあなたのことやなりたいイメージを聞くのでその要望に合わせて撮影スタイルを変えています。
同時にあなたのコンプレックスな部分も聞いています。
ヌード撮影ってどうしても怪しいってイメージがまだまだついて回りますが、それを払拭します!
撮影中は、無言だったり、おしゃべりしながらだったり、お祭り騒ぎだったり様々。
是非体験してみて下さい!


STAFF


碧(みどり)

ボディメイク&ランジェリーアドバイザー
(インティメイトアドバイザー資格保有)

下着のつけ方と少しのエクササイズで身体を整えるレッスンと、その身体をさらに美しく見せるランジェリー選びをしています。
自分の体型にコンプレックスがあり、子供の頃からずっと「変わりたい」と思ってきました。
でも今は自分のことが少し好きになって「自分を愛してあげる」ことができるようになってきました。
それは、自分の変化を感じることができたから。
「ボディライン」の変化もそうですが「自分を愛する」ことができるようになりました。
自分のことが大嫌いだった私が「あれ、そんなに悪くないんじゃない?」と思えるようになったきっかけはセミヌード撮影でした。
セミヌードの撮影のためにできるだけ体のラインをきれいにできるよう努力したこと、撮影の日のためにうっとりするようなステキなランジェリーを揃えたこと、そして撮影してもらった自分を見て「わ!結構いい感じじゃない?」と。 ボディメイクのレッスンを始めてから3年がたちます。
たくさんの方にレッスンを受けていただきました。「もっと早く出会いたかった」「女を楽しむことができる」という声をたくさんいただきました。
でも「自分を愛する」ことができた方ばかりではありませんでした。
そのために必要なのは「セミヌード」を撮影して自分の美しさを感じることだと思います。
・ボディラインを整える努力をすること
・ボディをランジェリーで飾ること
・自分のセミヌードの写真を見ること
どれも欠けてはいけないことだと思います。
あなたが変わるために「あなたが自分の体と向き合い、ランジェリーで飾る」お手伝いをいたします。


当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等の行為はご遠慮ください。